toggle
2016-08-26

本はこころのお薬です。


読薬

本は心の薬のようなもの。

苦かったり、甘かったり、酸っぱかったり・・・。

いきなり、ガツンとやられることもあるけれど、大抵は後からじわじわ効いてくる。

忘れたころに、よみがえり、助けられたり、慰められたり、励まされたり・・・。

薬効は人それぞれ異なるけれど、読んだら読んだ分だけ、きっと、いつか効いてくる。

 

そんな本の「薬効」をもっと身近に感じてもらえればと、「読薬」の販売をはじめました。

袋の中には本が一冊。洒落のようですが、いたって真面目に選んでいます。

「往診」は行っておりません。どうぞ、あいたくて書房までおこしくださいね。

 

*使用上の注意をよく読んで、正しくご使用ください。この「読薬」は、本人以外の方がご使用になられても安心です。贈り物としてもご利用いただけます。

 

 

 

 

関連記事